クラウド型 BI ダッシュボード「GoodData」 SaaSビジネスインテリジェンスをリードします

GoodData InsightNavi製品に関するご質問・ご購入
GoodData HOME > コラム > クラウドBIツールの選び方 > 1-1.今までのBIツールの選択基準(1)

1-1.今までのBIツールの選択基準(1)

クラウドBIツールの選択基準を考える前に、今までのオンプレミス型BIツールの選択基準を復習しておきましょう。

ここからは、次の5つの選択基準について順番に解説していきます。

 

 1.非定型分析機能
 2.定型レポート閲覧機能
 3.可視化機能
 4.性能
 5.価格

 1.非定型分析機能

BIツールのユーザ層は、主に非定型に分析を行うパワーユーザと、定型レポートを閲覧するだけの一般ユーザに分かれます。

 

パワーユーザが行う非定型分析は、画面上に何もない状態から、ユーザが自らデータ項目を選択して、集計・分析を進めていきます。

 

クラウドBIツールGoodDataの場合、「Analytical Designer」と呼ばれる画面で、左側の数値項目リストから必要なデータをドラグして、右側のパレッドにドロップすることで集計・分析を開始します。

 

 

 

分析の切り口の指定は、GoodDataの場合、ガイド機能によりパレッド上に候補が表示されますので、その中から好みの切り口を選択するだけで、分析を進めることができます。

 

 

 

クラウドBIツールGoodDataの資料請求・お問い合せはこちら

 

非定型分析機能の基本的な構成はどのツールでも似通っており、後はユーザの好みで選択すればよいでしょう。また、オンプレミスでもクラウドでも特に異なる選択基準はありません。

 

次のページでは、一般ユーザ向けの定型レポート閲覧機能について説明します。

クラウドBIツールGoodDataの資料請求・お問い合せはこちら
クラウドBIツールの選び方
PAGE TOP
Copyright Samuraiz Corporation. All Rights Reserved.