Dynatrace FAQ

製品について

機能について

価格について

Dynatrace とはどんな製品ですか?

Dynatrace は、ウェブサイト制作の全ての段階において、ユーザー視点から品質管理を行うためのASP型サービスです。大きく分けて、3つの機能に分かれます。

1. Active XF(Active Backbone、Active Last Mile、Active Private Peer)
仮想ブラウザを使って、サイトの可用性・応答時間のlity Lo測定・監視を行います。
2. Reality XF (Reality View、Reality Check、Reaad)
ブラウザやOS毎にサイトの画面ショットを取得し、ページコンテンツの一貫性を確認します。
3. Actual XF サイトにJavascriptを追加し、ユーザー環境での実測値を収集・サンプリングしてサイト品質を管理します。

どんな企業への導入実績がありますか?

世界中で約2,500社に導入実績があり、米国内では comScore が報告する訪問数上位20社の内、12社に導入されています。(Microsoft、Google、IBM、Apple、Omniture等)
日本国内での導入実績は約30社です。

何を監視するのですか?

ユーザーエクスペリエンスを監視します。ユーザーエクスペリエンスとは、ユーザーが実際に体験しているウェブサイトの品質です。Dynatrace では以下の指標を用いユーザーエクスペリエンスを測定・監視します。

・サイトの可用性
・サイトの応答時間
・上記の品質が、環境(地理、回線速度、ブラウザ、アクセス数の増減)の影響を受けていない事

どうやって監視するのですか?

ウェブサイト製作フェーズごとに、ご利用できる機能を選択頂けます。

・ 運用フェーズ:  
Active Backbone/Last Mile/Private Peer XF (ウェブサイトの定常またはオンデマンド監視)
Actual XF (ページ内でのユーザー動作に関わる品質監視)

・ デザイン、開発フェーズ:
Reality View XF (ページのレイアウト検証)

・ 検証フェーズ:
Reality Load XF (負荷テスト)
Reality Check XF (ページのレイアウトと動作検証)*
*Reality Check XF は2009年夏以降にリリース予定

導入するメリットは何ですか?

1. 信頼性の高いシステムの実現
定常的な監視を行い正常時のベンチマークを取得する事で、既存の問題点を可視化し品質向上につながる情報が提供されます。また、定常的な監視は突発的な問 題の検知を容易にします。ユーザーに影響を与える前に問題解決を開始する事で、機会損失やブランド力の低下を低減します。

2. 運用プロセスの確立
データ収集を行うだけでなく、レポート、アラート、データ出力機能を使い、要件にあった運用プロセスを確立できます。また、数値化された監視結果を使い、組織内での情報共有、サービスレベルの達成状況の把握を可能とします。

3. 管理コストの削減
XFで取得できる監視データは、問題や原因の特定を容易にします。推測に基づく対応を回避し、管理コストの削減を達成します。

トライアルは可能ですか?

はい、可能です。こちらのメールフォームからご連絡ください

トランザクションを監視できますか?

トランザクションを記録する専用のアプリケーションを使用して、ログインやサイト内検索を含んだユーザーのページ遷移を再現する事が可能です。

何に対してアラートをあげる事ができますか?

以下の状況下にアラートを上げる事が可能です。設定しておいたしきい値や条件が満たされない場合にアラートメールを送信します。

・ページが存在しない場合
・ページの応答時間がしきい値を超えた場合
・ページ内のオブジェクトに参照エラーが発生した場合
・ページ、またはページ内のオブジェクトの容量がしきい値を超えた、または下回った場合
・トランザクションが完了しなかった場合

負荷テストはできますか?

オプションとして、負荷テストを専用に行う Reality Load XF というサービスがあります。詳細についてはこちらのメールフォームからご連絡ください。

他社サイトを監視できますか?

他社競合サイトを監視しベンチマーク化し、お客様のサイトと比較する事が可能です。

アクセス解析ツールへの影響はありますか?

Dynatrace がサイトにアクセスする際の User-Agent 内には「Dynatrace」の文字列が記述されますので、解析対象から除外する事が可能です。(User-Agent の偽装も可能です)

携帯サイトやストリーミングサイトの監視はできますか?

2009年6月現在、日本国内では対応していません。今後、日本でもサービスを提供できるよう検討を行ってまいります。

イントラネットを監視できますか?

ピア(仮想ブラウザ)をイントラネット内のマシンにインストールする事で可能となります。

価格体系はどうなっていますか?

年間契約でご購入いただきます。購入するプランにより、一ヶ月間に使用できる監視数(メジャーメント)の上限が決まります。

メジャーメントはどう計算するのですか?

監視対象とするページ'(URL)数、監視に使用するノード/ピア数、監視頻度の掛け算で算出します。

例えば、1つのURLに対して、2つのノードから一時間に一回の監視を行った場合の一ヶ月のメジャーメント数は 1488 です。
1(URL数) x 2(ノード数) x 24(一日の測定回数) x 31(日) = 1488

余ったメジャーメントは翌月に繰り越されますか?

いいえ。月末までに使用されなかったメジャーメントは、月をまたぐ際に 0 にリセットされます。

サービス間のメジャーメントの移動は可能ですか?

出来ません。例えば、Active XF と Reality XF 間のメジャーメントの移動は出来ません。

消費メジャーメントが一月の上限を超えた場合はどうなりますか?

上限を超えて実施されたメジャーメントに対して、単価ベースで課金されます。必要に応じた運用の拡大が可能です。

Copyright Samuraiz Corporation. All Right Reserved.