サイトパフォーマンスランキング

企業における情報発信の大事なツールの一つがWebサイト。そのWebサイトの各社ページ速度表示をサイトパフォーマンスランキングとして発表致します。常に利用可能であり、どこからでもアクセス出来るWebサイトにおいては、ユーザが快適に利用できる指標としてページの表示時間がどの程度かを知る事が重要です。

「好感度が高い」トップ100社
Webページ表示速度ランキング 結果概要

今回は、東洋経済ONLINEで発表された『 「好感度が高い」トップ300社ランキング』※1(2018年4月9日掲載)の内、上位100社を対象にした各社のWebページのトップページ表示速度を計測した 『 ページ表示速度ランキング 』 を発表いたします。

今回の国内サイトにおけるページ表示速度ランキングでは光学機器メーカーであるニコン(好感度ランキング97位)が、ページ表示速度0.23秒でトップとなりました。続く2位は0.427秒で、家電量販店のヤマダ電機(広告宣伝費ランキング70位)、3位は0.729秒で、ライン(好感度ランキング36位)がランクインしました。

無料計測お申し込み好感度ランキング上位10社については、ページ表示時間ランキングの上位10社にはランクインせず、好感度ランキング10位のカルピスがページ表示時間ランキングでは1.48秒で18位にランキングとなりました。好感度ランキングトップのセブン・イレブンは1.856秒でページ速度ランキングは24位でした。

なお、ページ表示速度の上位10社の平均表示は0.836秒となりました。好感度ランキング10社のページ表示速度平均は3.647秒となり、その差は3秒近い差となりました。

今回の計測は、東洋経済オンライン社の好感度ランキングの上位100社を対象に各社の国内サイトを東京から計測しています。計測期間は、8月1日から8日までの1週間とし、期間中、定期的に各社対象サイトのトップページにChromeブラウザでアクセスした場合の結果を、平均表示速度として掲載しています。

注意: 本計測結果は、Webサイトの優位性や利便性を保証するものではありません。

■「好感度が高い」トップ100社Webページ表示速度ランキング結果概要

ページ表示
速度順位
企業・ブランド名 Webサイト表示時間(秒) 好感度順位 好感度
1 ニコン 0.23 97 13.1
2 ヤマダ電機 0.427 70 16
3 ライン 0.729 36 20.7
4 ヤマト運輸 0.813 11 27
5 キヤノン 0.817 28 22.1
6 ヤマハ 0.904 51 18.1
7 永谷園 0.93 60 17
8 象印マホービン 1.084 72 15.7
9 東芝 1.216 79 15
10 シャープ 1.217 62 16.7
11 日本郵便 1.221 84 14.7
12 不二家 1.222 59 17.2
13 伊藤園 1.259 44 19
14 小岩井乳業 1.264 80 15
15 ブルボン 1.272 65 16.5
16 すき家 1.279 89 14.5
17 カシオ 1.346 73 15.6
18 カルピス 1.48 10 27.6
19 佐川急便 1.663 90 14.1
20 コカ・コーラ 1.716 26 23.1
21 亀田製菓 1.764 30 21.7
22 オリエンタルランド 1.803 95 13.5
23 東急ハンズ 1.847 64 16.7
24 セブン・イレブン 1.856 1 42
25 日本ハム 1.891 66 16.5
26 山崎製パン 1.909 58 17.6
27 ミズノ 1.927 74 15.6
28 キューピー 1.932 5 28.4
29 アップル 1.955 56 17.6
30 雪印メグミルク 1.96 75 15.5

測定対象サイト【「好感度が高い」トップ300社ランキング(クリックで東洋経済オンラインサイトへ移動します)

31位以下の順位をご希望の方はこちらからお問合せ下さい

無料計測お申し込み

 

Copyright Samuraiz Corporation. All Right Reserved.