Capy 次世代の不正ログイン対策

GoodData InsightNavi製品に関するご質問・ご購入
Capy は不正ログインからあなたのサイトを守ります
不正ログインの実態 -年間80万件にもおよぶ被害-

不正ログイン行為の発生件数は、警察庁へ報告がなされたものだけでも2013年の1年間において80万件ほどに達し、1日あたり2,000件以上発生している計算になります。そのためWebサービス運営事業者やインターネットユーザーにとって非常に大きな脅威となっています。


大手企業にもその被害は拡がっており、大手のクレジットカードサイト、SNSサイト、運輸サイト、通信キャリアサイト、ゲームサイトをはじめ、公表されているものだけでも25社から30件の被害報告がありました。

不正ログイン激増の理由とは

1. ID/パスワードの使いまわし
2. インターネット空間におけるID情報の流出増加
3. 攻撃方法の精緻化
4. 情報漏洩を補助するツールの充実

不正ログイン被害拡大の背景には、上記の理由に加えて攻撃者であるハッカーの手口にも変化がみられることが考えられます。
これまで不正アクセスの手口と言うと、サーバーなどデータベースへのハッキングや、組織内部の人間による犯行が主流でした。
しかし現在では、不正アクセス被害の大多数が不正ログイン、いわゆる“なりすまし”による不正アクセスなのです。
不正ログイン撲滅への3つのステップ
パスワードリストの流出、流通による悪意のあるログインを限りなく”ゼロ”に!

 

 

 

Capy パズルキャプチャ

人にしか解けないパズル型キャプチャ

 

この製品について詳しく

 

 

 

Capy リスクベース認証

本人らしさをログイン時に確認

 

リスクベース

 

 

 

Capy アバターキャプチャ

パズル型をはるかに上回る 人間であることの確認

 

この製品について詳しく

Copyright Samuraiz Corporation. All Rights Reserved.