オンライン化への移行によりビジネストランザクションが増加

これまで企業は店舗など対面型のビジネスを行っていました。その結果紙を中心とした業務が多くを占めていました。近年、企業における経費削減や業務効率化によりIT活用により業務のオンラインへの移行が進んでいます。その結果、システム化された業務システムのビジネストランザクションは肥大化の一途を辿り、更に複雑さを増しています。一度、問題が発生するとその要因を発見する為に時間と費用は増すばかりです。

クラウドや仮想化により監視規模が不透明に

セキュリティで保護された管理が容易な所に物理的なサーバを設置し、そこでアプリケーションを稼働させていた時代で有れば、そのキャパシティの中でリソースを上手く利用していましたが、昨今ではクラウドや仮想技術の発展によりその規模を容易にスケールアウト出来る時代になりました。しかしながら管理する側からは監視の仕組みは容易にスケールアウトできずビジネス規模の柔軟な対応に監視をシンクロさせる事は非常に難しさを増すばかりです。

モバイルデバイスの導入やそれによる接続形態の多様化

かつてはパソコンで限られたインターネットブラウザでしかシステムのアクセスは出来ませんでした。業務システムも決められた環境での利用で限定されていました。しかしながら、携帯電話でのインターネットアクセスからスマートフォンへの進化やタブレット端末の派生などデバイスの多様化が進み、モバイルデバイスでの利用用途にはアプリケーションでの利用も必要になり、インターネットブラウザだけでなくモバイル端末向けのアプリケーションの利用も監視する必要が有ります。また、システムをどこからでもアクセスする事が出来る為、セキュリティを考慮したアクセス形態もその監視・管理を複雑さを増長する要因となって居ます。

爆発的に肥大化するシステムと増大するビックデータをいかにコントロールするか!
性能劣化を迅速に検知して障害を未然に防止、機会損失や逸失利益を少なくする事が出来るか!
その答えは、アプリケーションパフォーマンス性能監視の AppDynamics が持っています。

AppDynamicsとは?→

 

詳しい情報を得る

Copyright Samuraiz Corporation. All Right Reserved.