SAMURAIZ

HOME > ニュース&トピックス > 案件データ分析専用ダッシュボード InsightNavi案件管理に案件進捗分析機能を追加
【報道関係者各位 プレスリリース】
株式会社サムライズ
2015/10/06

案件データ分析専用ダッシュボード InsightNavi案件管理に案件進捗分析機能を追加

株式会社サムライズ(本社:東京都品川区、代表取締役:谷利太郎、以下、サムライズ)は、案件データを分析・可視化することで、営業会議を効率化するクラウド型ダッシュボード『InsightNavi案件管理』に、案件進捗分析機能を追加しましたので、お知らせします。


1、前回から変化のあった案件だけを抜き出すことで、営業会議を効率化
通常、営業会議では、その会計期間に関係する全ての案件が報告対象となっており、この中から、どの案件について説明するかは報告者の主観的な判断に任されているというのが現状です。
しかし、これでは前回の報告と同じ説明を繰り返したり、変化のあった案件を説明し忘れたりすることになります。
今回追加された案件進捗分析機能では、定期的な報告タイミング(月次営業会議など)でスナップショットをとる(その時点でのデータを一時保存する)ことで、前回との差分を抜き出すことができます。
これにより、ステータスに変化のあった案件だけに着目し検討を加えることで、営業会議を効率化することができます。

 

 

2、金額や時期の変化も検出し、売上見通しへの影響を確実に把握

提案はしたが結果が出ていない、内示はあったが契約は完了していないといったようなステータスに変化のない案件であっても、受注予定金額が減った、売上計上予定時期が延びたといった変化がしばしば発生します。
このような変化は、営業活動にはあまり影響しませんが、売上見通しに対しては多大な影響を与える可能性がありますので、確実に把握しなければなりません。
今回追加された案件進捗分析機能では、案件ステータスの変化だけではなく、売上計上(予定)金額と売上計上(予定)時期の変化も検出することができます。
さらに、金額の変化の幅(例えば、1000万円以上減額)や、時期の変化の内容(例えば、今期から来期に延期)に応じて集計することができますので、売上見通しに影響を与えるような変化の有無を確実に把握することができます。

 

InsightNavi案件管理には、今後引き続き、「案件詳細分析」、「営業活動分析」、「滞留案件分析」、「失注分析」といったさまざま分析シナリオが追加される予定です。

 

【InsightNavi案件管理製品詳細】
URL:http://www.samuraiz.co.jp/gooddata/function/template_anken.html

 

【InsightNavi案件管理とは】
URL:http://www.samuraiz.co.jp/gooddata/tips/column_anken/index.html

株式会社サムライズについて

サムライズは常にお客さまの視点に立ち、投資に見合う情報化・効率化を実現する「革新的な技術やサービス」を提案することで、お客さまに課題解決の為の簡易かつ最適なサービスとソリューションを提供する総合ITサービス企業を目指しております。

 

-本社住所: 東京都品川区大崎1-6-4 新大崎勧業ビル10F
-電話: 03-5436-2040(代)
-URL:http://www.samuraiz.co.jp

 

■本件(プレスリリース)掲載場所
URL:http://www.samuraiz.co.jp/news/20151006.html


■本件に関するお問い合わせ先

株式会社サムライズ
担当:ビジネスアナリティクスグループ 安達
TEL:03-5436-2040


*本文に記載のある製品名、会社名、サービス名は各社の登録商標または商標です。
*プレスリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

以上

ニュースリリース

Copyright Samuraiz Corporation. All Rights Reserved.