クラウド型 BI ダッシュボード「GoodData」 SaaSビジネスインテリジェンスをリードします

GoodData InsightNavi製品に関するご質問・ご購入
GoodData HOME > 事例 > タイム・ワーナー・ケーブル様

クラウド型BIツール GoodData導入 事例 : 営業分析

GoodData導入活用事例 タイム・ワーナー・ケーブル様

GoodDataをSalesforceの埋め込みダッシュボードとして活用

~営業員4000人のセールスパイプライン分析を実現~

タイム・ワーナー・ケーブル

タイム・ワーナー・ケーブル(Time Warner Cable Inc.)は、米国で28州をカバーする全米2位のケーブルテレビ会社。利用世帯数1,220万世帯。顧客数1,450万人。従業員数47,000人。ブロードバンドケーブルを通じてビデオ、高速データと音声サービスを提供。そのほか、ネットワークと輸送サービス、情報技術ソリューションの管理と外注、クラウドサービスも手掛ける。

導入概要 

取り組み :

タイム・ワーナー・ケーブルでは他のBIソリューションのトライアル後、GoodDataに切り替え、その後4週間程で導入。4,000人の営業員のセールスパイプライン分析を実現。現在はSalesforce.com内に10種のDashboardを埋め込み閲覧している。
マネージャクラスから一担当営業のレポートまでを網羅したセールスパイプライングローバル・ビューを提供。

 

活用範囲及び解析データ

営業部門4,000名の従業員
Salesforce Data Source、CRM、販売実績データ

 

導入のきっかけ :

全従業員からパイプラインが見通せる環境を整える為。

 

導入の効果 :

売上と収益の増大

Copyright Samuraiz Corporation. All Rights Reserved.