『Adobe ColdFusion 2021』 の特徴


クラウド機能への迅速な適用とモダナイゼーションへの推進


『Adobe ColdFusion 2021』は、ColdFusionの特徴である高い開発生産性や下位互換性を維持しつつ、各種クラウド機能の活用により、より高いスケーラビリティと柔軟性を提供します。DevOpsやコンテナ化を支援するCI/CDパイプラインに簡単に統合できるさまざまなツールで生産性を最大化し、オンプレミス、クラウド、ハイブリッドのいずれの場合でも、開発、テスト、本番環境全体にアプリケーションを一貫して、確実に、迅速に展開します。

 

ColdFusionの利⽤者は、中⼩規模から⼤企業まで様々な規模の組織向けにアプリケーションを開発しています。核となる企業向けのテクノロジーとの統合や、最⼩限の作業で最新のWebテクノロジーに簡単に統合できるのに加え、内部処理の最適化などは積極的に⾏われているにも関わらず、呼び出しのプログラム部の修正の発⽣が少なく下位互換性に優れているColdFusionを評価しています。


クラウドサービスの利用


近年、クラウドサービスとして多種多様なITインフラが提供され、多くの企業で使用されています。ColdFusion 2021では、Microsoft AzureやAmazon Web Services(AWS)に接続して、ストレージやデータベース、メッセージング、キャッシュ、NoSQLなど、さまざまなサービスにすばやく接続することができ、インフラストラクチャをシームレスに管理し、ダウンタイムを削減します。複数のサービスに対して管理されたクラウド資格情報を利用したり、あるクラウドサービスプロバイダーから別のクラウドサービスプロバイダーにサービスを移動する際のアプリケーションの書き換え作業を最小限に抑えることができます。

また、JVM、GC、CPU使用率などのメトリックや、スレッドダンプの取得により、ボトルネックを特定するために必要となる情報を取得したり、負荷に応じてWebサーバーコネクタの設定が自動調整されるなど、アプリケーションが高いパフォーマンスを維持できるための機能が用意されています。

Card image cap
Card image cap

クラウドストレージサービス

AWSS3とAzureBlobを使用して、高速データアクセスのためのrawストレージを活用することができます。ColdFusion2021では、同じ構文でどちらのクラウドサービスにもアクセスが可能な関数が提供されています。クラウドストレージサービスを使用することで、拡張性および伸縮性に富み、そして安価な収納スペースを利用し、アプリケーション上でのデータ管理を成長させます。

NoSQL

ColdFusion2021では、AWS DynamoDBおよびMongoDBが提供するスケールアップアーキテクチャを最適化して、NoSQLデータベースへの組み込みの生産的なインターフェイスで大量のデータを処理します。非構造化、半構造化、または構造化データを保存し、さまざまな規模でハイパフォーマンスを提供するスキーマとフィールドを簡単に活用することができます。

メッセージングサービス

ColdFusionから、Azure ServiceBus や AWS SNS/SQS を使用したメッセージングサービスに簡単にアクセスできるようになり、アプリケーション間で任意のデータを送信や、メッセージの配信の監視などが可能です。用意された関数を使用することで、ミドルウェアやクラウド間の違いなどといった複雑さを解消します。

リレーショナルデータベースサービス

ColdFusionの機能を活用してAmazon RDSおよびAzure データベースサービスとシームレスに統合することにより、データベースの可用性を向上させます。これにより、クラウド内のリレーショナルデータベースを低コストで、短時間でセットアップ、運用、およびスケーリングすることが可能となります。

メールサービス

ColdFusionとAmazon Simple Email Service(SES)を利用して、通知、トランザクションおよびマーケティングのメールや、顧客へのコンテンツの送信を安全かつ簡単に行うことができ、費用対効果の高いサービスを利用して、任意のColdFusionアプリケーションからメールサービスを活用することができます。


パッケージマネージャーの導入と管理


ColdFusion2021では、従来のオールインワインの製品体系から、アプリケーションで使用する機能に応じて必要なパッケージを追加する方式に変更されました。機能単位のモジュールに分割されたことにより、インストールの簡略化や不要のリソース消費の抑制につながります。パッケージの追加や確認は、Webまたはコマンドラインより行え、さらにアップデートなどのバージョン管理についてもパッケージ単位で対応し、従来と比べて細かなモジュールの管理が行えるようになっています。


SAML


SAMLを使用すると、ユーザーが複数のアプリケーションにまたがって単一の認証ポイントを使用でき、ユーザーレベルのアクセスを向上させることが可能です。ColdFusion 2021ではSAML認証を利用するためのサービスプロバイダ(SP)とIDプロバイダー(IDP) を一元で管理することができ、追加されたColdFusion関数と共に利用することができます。


AWS Lambda


AWS Lambdaを使用して、アプリケーションまたはRestサービスのColdFusionコードを実行できます。AWS Lambdaを使用して、Amazon S3やAmazonDynamoDBなどのAWSサービスのデータ処理トリガーの構築や、Amazon APIGatewayを使用したHTTPリクエストへの対応が新たに可能となりました


ColdFusion⾔語(CFML)の拡張


従来のHTMLに馴染みのある開発者との親和性が⾼いタグ形式、他のWeb開発⾔語やJavaScriptなどの経験者に向けたスクリプト形式のどちらの形式でも共通してColdFusionのプログラミングができるよう、⾔語が強化されています。また、配列・構造体・クエリ関数の機能強化や、多数の新たな関数が追加されています。関数コーディングの時間と労⼒を⼤幅に減らしつつ、堅牢で拡張性のあるWebアプリケーションの開発を⾏えるようになります。

Javaとの統合強化

これまでも内部エンジンであるJavaとの各種連携機能が提供されていましたが、ColdFusion2021ではCFMLコード内でJavaクラスを作成してコードを実行可能になりました。Javaオブジェクトをインスタンス化し、CFMLブロック内にコアJava構造を書き込むことができます。

データ取り扱いの機能強化

配列、構造体、一部のクエリ関数で並列プログラミングを有効にすることができ、データ操作における処理の高速化が図れます。ま た、配列や構造体を操作するためのさまざまな関数が追加されたほか、データベースから取得したデータをダイレクトに配列に変換するなど、ColdFusionが取り扱うデータの取り扱いを促進し、開発の効率を高める機能が数多く提供されています。

JavaScript経験者向けの関数強化

JavaScriptで採用されている、クロージャ―、即時実行関数 (IIFE)、スプレッド構文、分割代入式などをColdFusion関数として新たに実装や強化が行われました。これにより、JavaScriptの知識を持つ開発者が、その記述式や機能をColdFusionのプログラミングでも活用することができ、アプリケーション開発の迅速化を図ります。