SAMURAIZ

HOME > サービス&サポート > Adobe Maintenance and Support

Adobe Maintenance and Support

preSales→postSales=value++;

このページは『Adobe Maintenance and Support』をお申込み頂いているお客様を対象としております。Adobe Maintenance and Supportの概要やポリシーの閲覧をすることができます。

技術問い合わせ製品テクニカルサポート

Adobe社の製品テクニカルサポートには、サポートの対象になる製品やバージョン、 お客様が購入されたルート、等によって、いくつかの有償サポートプログラムの用意がございます。 有償サポートは、その種類により購入窓口、提供サポート種別が異なります。 「 FLP (Form License Program)」の場合、 プラチナメンテナンス&サポート(以下プラチナM&Sサポートと言う)の提供がございます。

エンタープライズサポートライフサイクルポリシー

各製品、バージョン毎のサポート期間は Adobe社サイトに掲載されています。
以下のURLで各製品の最新情報をご確認頂く事ができます。

http://www.adobe.com/support/products/enterprise/eol/eol_matrix.html
注:Adobe社のサイトへ移動します。Adobe社のサイト更新の状況によってURLが変更になる場合があります。
その際にはお手数をお掛けしますがご一報下さい。新しいURLをご連絡いたします。

プロダクト・マーケティングサイト

■コアサポート期間
既存のプログラム(プラチナM&Sサポート)は、「.0」製品版のリリース(「ルートリリース」)から起算して、製品の一般提供開始日から最大 5 年間(製品によって異なりますが、一般に 3 〜 5 年(製品サポート早見表を参照))とします。ルートリリースのすべての派生物(ローカライズ版、マイナーアップグレード、追加のオペレーティングシステムなど )に対するサポートは、ルートリリースのサポートに準じて終了するものとします。 ドットリリースやダブルドットリリース、ならびにコネクタ製品も派生物に含まれます。

■エクステンド(延長)サポート期間
このプログラムオプションによって、コアサポート期間の終了後にプラチナメンテナンスおよびサポートサービスを 2 年間延長

することができます。延長M&Sがあれば、アドビの最新テクノロジへ移行する際に、 M&Sが切れてしまうといった事態が回避できる

ケースがあります。

ColdFusion7M&Sの場合

Adobe社サイト記載のエンタープライズサポートライフサイクルポリシーにより、 2010年8月2日時点では、エクステンドサポート期間になります。

ColdFusion 7 M&S の場合
ルートリリース 2005年2月7日
コアサポート期間 2010年2月7日迄
エクステンド(延長)サポート期間 2010年2月8日〜2012年2月7日迄

エクステンドサポート期間のM&S内容は・・・
  1) 対象製品の最新版へのアップグレードのご提供
  2) 技術サポートのご提供
※ 提供内容につきましては、サムライズ提供の「Adobe M&S 規約」をご確認下さい。
 
注:エクステンドサポート期間後に、セルフサポート期間がございますが、Adobe社提供のオンライン検索による無償サポートになります。有償サポートのような、技術サポート及び最新版へのアップグレードのご提供はございません。

Maintenance and Support サービス規約 Adobe Maintenance and Support 技術サポート サービスポリシー

 


※2014年11月1日以降、サポート(新規又は更新)をご契約のお客様は、以下の規約ご確認下さい。

サービス&サポート一覧

サービス&サポート概要

Adobe製品サポート

製品サポート

Copyright 2011 Samuraiz Corporation. All Rights Reserved.