サイトパフォーマンスランキング

企業における情報発信の大事なツールの一つがWebサイト。そのWebサイトの各社ページ速度表示をサイトパフォーマンスランキングとして発表致します。常に利用可能であり、どこからでもアクセス出来るWebサイトにおいては、ユーザが快適に利用できる指標としてページの表示時間がどの程度かを知る事が重要です。

「Webサイトのブランド価値貢献度ランキング2017」
Webページ表示速度ランキング 結果概要

今回は、株式会社トライベック・ブランド戦略研究所が発表した『 Webサイトのブランド価値貢献度ランキング2017 』の内、上位100社を対象にした各社の国内向けWebサイトのページ表示速度を計測した 『 ページ表示速度ランキング 』 を発表いたします。
今回の国内サイトにおけるページ表示速度ランキングでは家電小売りのヤマダ電機(ブランド価値貢献度ランキング29位)が、ページ表示速度0.416秒でトップとなりました。続く2位は0.671秒で、TBS(ブランド価値貢献度ランキング62位)、3位は0.693秒で、東芝(ブランド価値貢献度ランキング39位)がTOP3社にランクインしました。
ブランド価値貢献度ランキングの上位10社でページ表示速度上位10社にランクインしたのは、8位のヤマト運輸がページ表示速度ランキング5位(0.815秒)という結果となりました。なお、ランキングトップのパナソニックは、ページ表示速度が4.08秒でページ表示速度は75位という結果でした。

無料計測お申し込みまた、ページの平均表示速度は、計測対象サイト100社では平均3.222秒だったのに対し、ブランド価値貢献度トップ10社平均は3.037秒となり、ブランド価値貢献度が高い企業が必ずしもページ表示速度が高速ではないという結果となりました。

今回の計測は、株式会社トライベック・ブランド戦略研究所のWebサイトのブランド価値貢献度ランキング2017の上位100社を対象に各社の国内サイトを東京から計測しています。計測期間は、2月1日から7日までの1週間とし、期間中、定期的に対象サイトのトップページにChromeブラウザでアクセスした場合の結果を、平均表示速度として掲載しています。

注意: 本計測結果は、Webサイトの優位性や利便性を保証するものではありません。

■「Webサイトのブランド価値貢献度ランキング2017」掲載サイトのWebページ表示速度ランキング

ページ表示
速度順位
企業・ブランド名 Webサイト表示時間(秒) ブランド価値貢献度
順位
ブランド価値貢献度
(百万円)
1 ヤマダ電機 0.416 29 8,432
2 TBS 0.671 62 6,238
3 東芝 0.693 39 7,188
4 ゆうちょ銀行 0.731 49 6,837
5 ヤマト運輸 0.815 8 12,641
6 JR西日本 0.861 77 5,515
7 キヤノン 0.881 36 7,491
8 JR東日本 0.897 40 7,136
9 日本郵便 1.014 11 11,859
10 三菱東京UFJ銀行 1.162 78 5,461
11 シャープ 1.223 35 7,511
12 ニコン 1.263 91 5,093
13 日本郵政 1.296 30 8,214
14 大阪ガス 1.331 90 5,099
15 イトーヨーカ堂 1.337 89 5,120
16 NHK 1.504 38 7,197
17 伊藤園 1.509 46 6,960
18 セゾンカード 1.511 99 4,859
19 アップル 1.645 18 10,513
20 セイコーエプソン 1.742 95 4,918
21 フジテレビ 1.752 70 5,848
22 ミズノ 1.814 88 5,153
23 山崎製パン 1.867 83 5,267
24 明治 1.886 55 6,421
25 キユーピー 1.909 73 5,751
26 アサヒ飲料 1.923 45 6,972
27 グンゼ 1.923 98 4,876
28 佐川急便 2.002 43 7,027
29 無印良品 2.053 15 10,695
30 富士フイルム 2.076 74 5,605

測定対象サイト【Webサイトのブランド価値貢献度ランキング2017(クリックでトライベック・ブランド戦略研究所のWebサイトへ移動します)

31位以下の順位をご希望の方はこちらからお問合せ下さい

無料計測お申し込み

 

Copyright Samuraiz Corporation. All Right Reserved.