Adobe ColdFusion
お問い合わせ
ColdFusion MX 7 製品情報
製品概要 製品価格
製品概要
Adobe® ColdFusion® 8 は、今日の複雑な企業環境に適した、魅力あふれるインターネットアプリケーションの開発を迅速かつ容易に実現します。Adobe ColdFusion 8 を使用すれば、より少ないコードで、今までになく迅速にアプリケーションを開発し、そのパフォーマンスを最適化することができます。また、JavaTM オブジェクトも.NET オブジェクトもネイティブにサポートするので、ColdFusion 8 アプリケーションは、あらゆる企業データやインフラストラクチャサービスの中核として機能します。
少ないコードで素早くアプリケーションを作成
Adobe ColdFusion 8 を導入すれば、これまでよりも少ないコードで迅速にインターネットアプリケーションを作成できるので、開発生産性が向上し、インターネットアプリケーションの開発時間を飛躍的に短縮します。
ColdFusion の効率的な開発環境と、コードの再利用やカプセル化といったオブジェクト指向言語の利点を組み合わせれば、ColdFusion コンポーネント(CFC)を利用したスピーディなアプリケーション開発が可能。SOAP Web サービスの構築と利用、ビジネスロジックとプレゼンテーション層の分離、FlexおよびAjax アプリケーションへのデータ供給など、すべてが驚くほど短時間で実現します。コーディングすることなく、Ajax によるデータ管理アプリケーションを作成することもできます。
あらゆる ColdFusion アプリケーションのパフォーマンスを向上
これまでのどのバージョンよりも高速なAdobeColdFusion 8 なら、既存のコードを書き換えること
なく、あらゆるColdFusion アプリケーションのパフォーマンスを即座に向上できます。さらにパフォーマンスをアップさせたいなら、ColdFusion 8 の新しいデバッグ機能とサーバモニタ機能を使用します。
各アプリケーションの状態をチェックし、問題点を特定して解決することで、サーバを最高のパフォーマンスに調整できます。ブレークポイントの設定や、変数の監視、コードのステップ実行を行えば、CFC、各種Web サービス、Flex アプリケーションの呼び出しなど、ブラウザで実行されないコードのデバッグも簡単です。さらに、マルチスレッドのColdFusionMarkup Language(CFML)コードを使用することにより、タスクを独立したスレッドで実行でき、アプリケーションが一段と高速になります。
あらゆる企業環境にインターネットアプリケーションをスムーズに統合
IBM WebSphere やBEA WebLogic、JBoss といった業界をリードするJ2EE アプリケーションサーバに幅広く対応するAdobe ColdFusion 8アプリケーションは、あらゆる企業環境で実行することができます。ColdFusion 8 アプリケーションとランタイムを、標準のJ2EE EAR またはWAR ファイルとしてネイティブにデプロイできるので、開発時間を短縮しながら、アプリケーションのパフォーマンスを向上することが可能です。また、Java™ オブジェクトと.NET オブジェクトをどちらもサポートするので、Adobe ColdFusion 8 アプリケーションは、あらゆる企業データやインフラストラクチャサービスの中核として機能します。
さらにリッチかつ堅牢なアプリケーションで、エンドユーザの生産性を向上
エンドユーザは、より高機能でパワフルなアプリケーションを求めています。そのニーズを容易に実現するのが、Adobe ColdFusion 8 です。Adobe FlexまたはAjax で開発された、パーソナライズされたマルチメディアリッチなアプリケーションにより、シンプルなHTML アプリケーションでは得られないユーザ体験をもたらします。エンドユーザは、インタラクティブなPDF フォームを操作したり、アニメーション、オーディオ、ビデオなどが盛り込まれた高品質なオンデマンドのプレゼンテーションを視聴できるほか、説得力のある構造化されたレポートを様々な形式で出力することもできます。Adobe ColdFusion 8 は、よりリッチでパワフル、かつ使いやすいアプリケーションを開発するための最速手段です。
システム要件
ColdFusion 8のシステム要件は、アドビ システムズ社の 「必要システム構成」 をご参照ください。
Copyright 2011 Samuraiz Corporation. All Rights Reserved.